幼児教育。ピグマリオンの幼児家庭学習:幼児教育の革命ピグマリオン

幼児教育はピグマリオンの幼児家庭学習で。心豊かなエリートを目指します。





TOPページ >  ピグマリオンって何

幼児教育の革命ピグマリオン

                  

普通の園児が小2の以上の能力を

ピグマリオンは、幼児が素敵な子どもになるのをお手伝いしています。

4~5才児で学習を始めて1年後には・・・
ほとんどが小2以上の能力を
半数以上が小3以上の能力を
中には小5~中1の能力を
身に付ける幼児が出てきます。

もし、入会が、2~3才の時で、2年ほどピグマリオン学習をするなら、幼稚園児のうちに、80%以上の確率で、小4以上の能力(精神的・知的な能力)を持つ子どもに育てる自信があります。

それは、2~6才という時期が、知能の基礎を創っていく時期であるということと、ピグマリオンの「心を育て、学ぶ力と創造力を育成する教育方法」が、一番効果的な方法であるからに他なりません。

「教える」から「学ぶ」へ

多くの幼児教育が、知識の詰め込み主義、丸暗記方式に流れています。
また、早期教育という名のもとで、高いレベルの知識を前倒し的に詰め込もうとする幼児教室もあります。
これらの教育方法がどれほど幼児に苦痛を与えてきたか?
チック症状の出る子ども、胃に穴のあく子どもが出てくるゆえんです。
いや、それ以上に、本当に効果があったかどうかが疑問です。

ピグマリオン方式では、学習する幼児の表情が本当に輝いています。
教室へ通う幼児は、次の学習日を心待ちにします。
それほど、学習することが楽しくなるのです。
そして80%以上の園児が、小2、小3レベルの能力を身に付けるのです。

さらに、とても大切なことですが、精神的・知的にバランスの取れた子供に育っていくということです。
それはピグマリオン方式が詰め込み主義・丸暗記式の「教える」方式とは違って自発的・自立的に「学ぶ」力を身につけさせるからです。
だから、普通の子どもが驚くほどの能力を獲得していくのです。(実は当たり前のことなのですが)。

長年の幼児教育の現場から生まれたピグマリオン幼児学習

ピグマリオン学習の驚くべき効果は、次の2点で約束されています。
1)「学ぶ」力を育てるための指導方式が確立されている。
2)体系的な教材・教具が揃っている。

このピグマリオン学習方式は、ピグマリオン学育研究所所長:伊藤恭が幼児教育の現場から長年の研究と幼児との交流の中から生まれてきたものです。
そして今、本物の幼児教育を目指す全国の幼児教室でも、ピグマリオンの教材・教具を使用しているところが増加しています。

驚きと感動の声が寄せられています。

画期的な本物の幼児教育方式・ピグマリオンに、大変多くの感動と喜びの声が多数寄せられています。
その一部をご紹介します。

■ 保護者の方々の声

「もっと早く、ピグマリオンを知りたかった。」

「私は、4人の子どもを育ててきましたが、4人目の娘になって初めて、 ピグマリオンという、満足する幼児教育にであった。」

「心を育てる教育方法が、本当にあるということに感動した。」

「入会して3年。私の子どもは、現在小1ですが、初めて与えられた小5/6年生レベルの新しい算数問題を簡単に解くのには、びっくりします。
初めての問題を解いてこそ能力だ、といわれる伊藤先生の言葉を実感しています。」

■ 塾経営者、先生方の声

「ピグマリオンに出会って、本物の幼児教育を初めて知った。ピグマリオン以前には、幼児教育はなかった。」(幼稚園経営者)

「こんなに楽しく早く効果の上がる教育法があるのか」(多数の塾経営者)

「幼児教育というと、よい学校へ行くための早期教育と、今までは思っていました。
しかし、ピグマリオンの教育法に出会って、心豊かな、愛する能力を持った子どもを育むことが真の幼児教育なんだ、と実感しています。」(M先生)

「私が大いに気に入っているのは、言語能力の獲得方法だ。
学校教育のように文字から入っていくのではなくて、文章を目と耳から、その意味や雰囲気から感じていく方法、これは素晴らしいと思う。
私は、英語が好きで、大学も英文料を選び、就職してからも、そして結婚してからも長男を出産する間際まで、大きなお腹をして英会話学校に通ってきた。
しかし、一度もアメリカ人のジョークに笑えたことがない。学校教育の方法では、言語教育は無理なのだ。このような、能力自体を開発させる教育に初めて出会った。」(T先生)

「私は、名門中学・高校・大学受験学習塾を経営していますが、ピグマリオンに出会って、教える教育方法・覚え込ませる教育方法・長時間指導を極力少なくするようにしました。
それを、3年間でおよそ60%にしました。
ところが、生徒の合格実績は、以前よりも伸びています。楽しい教育、学ぶ教育、考える教育をすることによって、生徒も教師も、以前より随分、生き生きしています。」(H先生)


↑TOPに戻る